2017年10月31日

素敵な曲をつくろう。

イヤホンで音楽を聴くと、何だか物足りなさを感じるときがある。
ボリュームをいくら上げてみても、低音をいくら強く出してもやっぱり物足りない。

そんなときが、割と短いスパンで定期的にやってくる。

唸るようなベースラインを、もうひとつの鼓動のようなバスドラを、つんざくようなギターやボーカルを耳じゃなく身体全体で聴きたくなる。

ライブハウスに遊びに行けばいいし、スタジオに入ってギターを掻き鳴らしたりすればいいんだけど、それはそれでまた別のところに神経がいってしまったりするから余りそうはしない。

だいたいいつもスズキ君(←愛車の名前)という名の機材車に聴きたいCDを持って乗り込む。
そして高速道路に乗る。
だいたい向かうところは決まっている。

メンバーと音を合わせているときの、ステージに立っているときのあの高揚感には及ばないけれど、それでも少し満足感を得て落ち着いて帰ってくる。

やっばり音を聴くのは耳じゃなく身体なんだなぁーとその度ごとに感じる。
そこにメロディと言葉が乗っかって、音で亀裂の入った身体の中に染み込んでくる。


ああ、そんな大きな音に乗せて誰かに伝えられるような素敵な曲をつくろう。

posted by タナカ at 11:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

PUNCH-LINE WEB http://punch-line.jp